2006年03月07日

loveless/マイ・ブラッディ・バレンタイン

オアシスやプライマル・スクリームなどを輩出したクリエイションレーベル。
当時のクリエイションが倒産する程の大金を使い、何年もの歳月を費やしリリース!本当に会社の命運をかけたリリースだったみたいだね。実際にはソニーに助けられて難を逃れたってみたいだけど。


マイブラの代表作ともいえる本作。全編を通して1つの作品となっている感じです。サイケデリックなフィードバックギターノイズ(単なる轟音ギターとも違う)にウィスパーボイスが重なりなんとも心地よい空間を作り出してます。シューゲイザーというジャンルは明確に認知され、マイブラを意識する多くのフォローワーを生むことになりました。

中心人物のケビン・シールズはこの作品後マイブラとしては何もしてないけど果たしてマイブラ復活はあるのかなぁ。。ないとは思うけどあったらかなりの話題になりそう。(今はプライマルスクリームに参加してる。)現スピリチュアライズドのジェイソン・ピアーズ曰く「あんなのはずっと昔に思いついていたし、実際に僕はやっていた」というような事を言っているように、こういったのものは当時もある程度形になっていたのかな。にしても、偶然が偶然を呼びココまで昇華した最終形態としてlovelessは唯一無二の作品として、とってもとっても意義のある作品。未だに聴き飽きないです。ギターの洪水が好きな人はおすすめ。
posted by ねじまき鳥 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マイ・ブラッディ・バレンタイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。